東京異界録

遠クヘ行キタイ 知ラナイ街ヲ歩イテミタイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中野光座解体(35)

解体工事開始前から解体終了までの半年間の軌跡を写真で回想してみたいと思います。

まずは中野光座解体記録の総集編(前編)、2月~3月営業店舗完全撤退まで・・・

ちなみにこの建物の正式名称(?)は赤羽ビルと言うようです。

これは管理者の方のお名前(赤羽さん)と同一名称ですが、建物の外観もまさに赤い羽を広げたようで偶然の一致?とはいえ、言い得て妙ですね~。

中野光座解体35

中野最大の昭和的物件中野光座解体!と聞き再探訪、赤い建物はまだ健在(2010.2.12撮影)

中野光座解体35

角の「清和堂印舗」閉店、残る営業店は料理屋「ばんば」と雀荘「緑園」(2010.2.12撮影)

中野光座解体35

昨年末に解体済みの中野センター(石森ビル)跡地はその後一時駐車場に(2010.2.12撮影)

中野光座解体35

昭和の時代にタイムスリップしたような路地裏的空間も健在(2010.2.26撮影)

中野光座解体35

間もなく昭和の残景がまた一つ静かに消えようとしている(2010.2.26撮影)

中野光座解体35

この看板も今はどこへ・・・「さよならだけが人生なのだ!」(2010.2.26撮影)

中野光座解体35

光と影のコントラストが絶妙な得難い異世界スポット(2010.2.26撮影)

中野光座解体35

築50年、いつまでも記憶に残る中野南口最大のシンボル(2010.3.10撮影)

中野光座解体35

時代に取り残された空間にもついに終焉の時が迫る(2010.3.10撮影)

中野光座解体35

中野光座最後の砦もついに落城、それにしても開業60年とは・・・(2010.3.10撮影)

おそらく中野センター(赤羽ビル)建築以前、戦後間もなく五差路近辺の空き地に存在したと言われる闇市的商店街での開業だったのではないでしょうか。

・・・中野光座解体記録の総集編(中編)に続く。

スポンサーサイト
  1. 2010/08/01(日) 18:22:52|
  2. 東京-中野光座
  3. | コメント:0
<<中野光座解体(36) | ホーム | 中野光座解体(34)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

AZUMAMOGURA

Author:AZUMAMOGURA
夢は冒険家!(だった・・・)
秘境・廃墟・B級スポットなど
昭和的物件の探訪記録です。
どうぞよろしく。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

廃墟系 (39)
東京-中野光座 (39)
B級スポット (1)
秘境 (6)
静岡-幻の池 (6)
遺跡 (7)
東京炭鉱跡 (7)
工場 (0)
蘇我第5高炉 (0)
廃車 (6)
白沢峠の廃トラック (6)
トトロの風景 (10)
看板 (9)
道路標識 (1)
木製電柱 (16)
木造家屋 (2)
オブジェ (1)
花便り (5)
巾着田の曼珠沙華 (5)
未分類 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。